BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム テストステロンについてpart2

2019/02/01
ロゴ

前回の続きです!

 

○テストステロンを増やす方法『ポジティブシンキング』

 

一見、は?と思われるかもしれませんがかなり重要な要素なんです。

 

男性ホルモン(テストステロン)の分泌には心理状態が深く関わっています。

 

アメリカの研究では、スポーツの大会で勝ったチームの男性はテストステロン値が高く、負けたチームはテストステロンがほとんど分泌されていないという事実を突き止めました。

 

負けた→落ち込む、というネガティブな心理状態は、テストステロン値にマイナスの影響を与えます。

 

常に前向きでポジティブな生活を送ることこそ、テストステロン値を上げる方法の1つです。

 

 

○テストステロンを増やす方法『ストレッチをする』

 

男性ホルモンの中枢である、視床下部。

 

ストレッチを行うと関節や筋肉が刺激されるため、いつも以上に視床下部が敏感に動き始めます。

 

その結果、テストステロンが多く分泌されます。

ストレッチのタイミングは、睡眠の前後である夜寝る前と、朝起きてから1時間以内がベスト。体の軟らかさは血行も良くするため、ストレッチは誰にでもおすすめの方法です。

 

○アルコールの摂取量を控える=テストステロン値が安定する

 

アルコールを大量に摂取すると、身体的にストレスを感じてしまい、男性ホルモンの中枢である視床下部の機能が低下します。

 

そして結果的に、テストステロン値が下がってしまいまうことも。ただし、適量のアルコールであれば、ストレス解消につながるため、アルコール自体がNGという訳ではありません。日にちを決めて軽くお酒を嗜むことが大切です。

 

※あくまで個人差があるので飲まないほうがいい人も、もちろんいます。