BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 剛腕を手に入れろ!上腕三頭筋のトレーニング!

2019/02/11
ロゴ

剛腕を手に入れろ!上腕三頭筋のトレーニング!

 

 

上腕三頭筋は二の腕を構成する筋肉の1つです。二の腕を構成する最大の筋肉で、ここを鍛えることで腕に厚みが生まれます。

 

二の腕の筋肉というと、力こぶを形成する上腕二頭筋のほうが目立ちやすく、どうしても上腕二頭筋ばかりを鍛えてしまいがちですが、上腕三頭筋の方が腕を占める体積はは大きく、腕を太くするためには欠かせない筋肉です。

 

そこで今回は上腕三頭筋を効果的に鍛える筋トレを紹介します。

 

○上腕三頭筋の位置と働き

 

 

まずは上腕三頭筋をお話しする上で位置と働きを確認しておきましょう。

 

上腕三頭筋は、手のひらを天井に向けた時に二の腕の下側についている筋肉です。

その体積の3分の2は上腕三頭筋によって占められています。

 

上腕三頭筋は主に「ヒジを伸ばす」動作に使われる筋肉で、日常生活においては「ドアを前に押す」「ヒジ掛けに手を置いて椅子から立ち上がる」場面で働きます。

 

また、上腕三頭筋は、「長頭」「内側頭」「外側頭」の3つの筋肉により構成されている筋肉です。

 

ではここから上腕三頭筋のトレーニングをご紹介していきます。

 

○ワンハンド・ダンベルフレンチプレス

ワンハンド・ダンベルフレンチプレスは腕を上に伸ばし、背中側でダンベルを上げ下げする筋トレ種目です。

 

 

ワンハンド・ダンベルフレンチプレスの手順

鍛える方の腕にダンベルを持ち、シートに腰かけます。

ヒジをまっすぐに伸ばし、反対の手で肘を固定します。

ヒジを固定したまま、ダンベルをできるかぎり下ろします。

ゆっくりと時間をかけて元の位置に戻しましょう。

 

・目標の回数:ダンベルを使用して10回を3セット

 

ポイントは腹筋にしっかりと力を入れること。体勢が安定しないと、腕が左右にブレてしまい、上腕三頭筋を効果的に鍛えることができません。

 

また、上記で説明したように上腕三頭筋は主に「ヒジを伸ばす」時に使われる筋肉のため、特にヒジを伸ばす動作をゆっくりと丁寧に行うようにしましょう。

 

次回もいくつか上腕三頭筋のトレーニングをご紹介していきます。

本日もご観覧頂きありがとうございました。