BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 記事まとめpart44

2019/04/12
ロゴ

○マルチビタミンの効果と重要性

 

マルチビタミン&ミネラルは、普段の食事では補い切れない栄養素を補完する基礎のサプリメント(ベースサプリメント)で、12種類のビタミンと7種類のミネラルで構成されています。

 

身体の中では様々なビタミン、ミネラルがお互いに協力しながら働いています。

 

どれか1つでも欠ければ正常に働くことが難しくなるため、まずはバランスのよい食事を心掛けるようにしましょう。

 

 

現代人は、ライフスタイルの変化や食事の欧米化(動物性食品の摂取量の増加)などで生活環境はかつてに比べて大幅に変化しました。

 

主に野菜等に含まれる栄養素の量も減少しているといわれています。

 

つまり、従来は各栄養素も十分に摂取でき、摂取量と消費量のバランスが取れていたのですが、現代ではなかなか十分な栄養が取れず、消費量とのバランスもとれていないといわれています。

 

このベースサプリメントに加え、自身に合ったビタミン、ミネラル等の個別サプリメントで補うことをおすすめします。

 

 ビタミンCはコラーゲンの合成に大切な役割を果たすとされ、美肌効果を期待して使われています。また、ストレスに対抗するホルモンの合成に関わり、喫煙によって起こる酸化反応を抑える力もあることから「免疫力を高める」と期待されましたが、治療や予防に使う水準の効果はありません。

 

ビタミンAは欠乏による夜盲症が有名ですが、細胞の増殖・分化をコントロールする物質として臓器の成長・維持に重要な役割を果たしています。

 

ビタミンEは抗酸化作用が強く、体内の細胞膜の酸化による老化を防ぐ働きがあります。また、手足などの末梢血管を拡張して循環を良くする効果はありますが、心臓血管系の重大な病気の予防に関しては評価が分かれています。

妊娠初期の過剰摂取は、胎児に奇形を生じることが警告されています。

 

危険性が高いため、サプリメントとしては体内でビタミンAに変換されるβカロテンが利用されています。

 

 ビタミンA・Eなど「脂溶性ビタミン」(油に溶けやすい)を過剰に摂ると、体の脂肪分に蓄積されて重大な副作用を引き起こします。必要なビタミン量は各人の食事内容によって変わります。

 

画一的に成分を配合したマルチビタミンは、脂溶性ビタミンの摂り過ぎにつながる危険があります。

 

抗酸化ビタミンの効果を長期間追跡した研究で、食事からビタミンを摂っている場合は問題なくても、サプリメント利用者では逆に死亡率が高くなったという研究もあります。

 

サプリメントの適切な使い方はまだ研究途上です。不確かな情報をもとにして、抗酸化ビタミンをたくさん摂ることはお勧めできません。

 

・ビタミンB1が不足して起こる症状

 

主な症状は全身の倦怠感、食欲不振、足 ビタミンCはコラーゲンの合成に大切な役割を果たすとされ、美肌効果を期待して使われています。また、ストレスに対抗するホルモンの合成に関わり、喫煙によって起こる酸化反応を抑える力もあることから「免疫力を高める」と期待されましたが、治療や予防に使う水準の効果はありません。

 

 ビタミンEは抗酸化作用が強く、体内の細胞膜の酸化による老化を防ぐ働きがあります。また、手足などの末梢血管を拡張して循環を良くする効果はありますが、心臓血管系の重大な病気の予防に関しては評価が分かれています。

 

ビタミンAは欠乏による夜盲症が有名ですが、細胞の増殖・分化をコントロールする物質として臓器の成長・維持に重要な役割を果たしています。胎児に奇形を生じることが警告されています。危険性が高いため、サプリメントとしては体内でビタミンAに変換されるβカロテンが利用されています。

 

このようにビタミンやミネラルが不足すると身体に影響を及ぼしているので是非積極的にお野菜やサプリメントで補って見て下さい!

 

本日もご観覧頂きありがとうございました。