BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 記事まとめpart50

2019/04/18
ロゴ

ダイエット中の昼食と夕食の工夫の仕方


 

まず、ダイエットとは単に体重を減らすことではなく、不要な脂肪をそぎ落とし、見た目にも美しくなる作業だと思います。

体重の増減の理屈は簡単で、摂ったカロリーから使ったカロリーを引いた差がプラスなら体重は増えますし、マイナスなら体重は減ります。

問題は、脂肪がどうやって減るのかということです。

脂肪は一気になくなるのではなく、主に分解され運搬され燃焼される。

という三つのプロセスを経てエネルギーに変わっていきます。

この場合、自分がどのプロセスが弱いのかを確認するところからスタートします。

是非以前の記事に詳細がありますのでそちらもご覧になってください。


 

朝食が充実したら、次は昼食、夕食をどのように工夫するかがポイントになります。

まず、お昼はあまり極端な食事内容にはしません。

ここで無理をするとストレスがかかりやすいからです。

お弁当にしても外食にしても、結局は制約が多くなります。

そこで基本はフリーとしておきながら、脂質を少し抑えるという意識だけは持つようにします。

例えば外食の場合、カツ丼ではなくマグロ丼を選ぶとか、天丼でも衣を少しだけ外すようにするなど、ちょっとした工夫をしましょう。

回転寿司などは低脂質のものが自由に選べるので、外食には便利です。

そして、いよいよ夕食です。

ここをどれだけ厳格に行えるかが、ダイエット効果がどれくらい出てくるかのポイントです。

しかし実際は、お付き合いもあればオフィシャルな飲み会もあるでしょう。

そこで、まずは内容はともかくとして、寝る2時間前からは一切のエネルギーをシャットアウトします。

仮に飲み会があれば参加はokとしますが、自分が何時に就寝するかを想定し、そこから逆算して2時間前になったらアルコールもおつまみも一切やめます。

お酒はウーロン茶やガス入りウォーターにかえて、食べものはすべて我慢!

飲んだ後のラーメンやお茶漬けもNGです。

この"寝る2時間の空腹"は意外に効果が高く、翌日の朝食の充実にもつながっていきます。

もしも効果を早く期待したいのであれば"寝る前3時間の空腹"に挑戦してみてください。

ちなみに、ダイエットコーラやダイエットペプシといったゼロカロリーの飲料はokです。

脳が甘さに誤魔化され、空腹感が和らぎますから、我慢できなくなったときは利用するといいでしょう。

また脂質が限りなくゼロに近い市販の乾燥スープなどもあります。

昼食や、空腹時のおやつにおススメです。

是非減量の際は実践してみてください。


 

さらに詳しく聞きたい方は是非一度等ジムにお越しください。

本日もご観覧ありがとうございました。