BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム スランプになってなぜ体重が落ちなくなるのか?

2019/05/09
ロゴ

まず、ダイエットとは単に体重を減らすことではなく、不要な脂肪をそぎ落とし、見た目にも美しくなる作業です。

体重の増減の理屈は簡単で、摂ったカロリーから使ったカロリーを引いた差がプラスなら体重は増えますし、マイナスなら体重は減ります。

問題は、脂肪がどうやって減るのかということです。

脂肪は一気になくなるのではなく、主に分解され運搬され燃焼される。

という三つのプロセスを経てエネルギーに変わっていきます。

この場合、自分がどのプロセスが弱いのかを確認するところからスタートしましょう。

是非以前の記事に詳細がありますのでそちらもご覧になってください。


 

ダイエットが途中でスランプになって体重が落ちなくなるのか?


 

私たち人間は、常に環境に適応しようとしています。

ダイエットと称した食事制限は、別の見方をすると一種の飢餓状態を進めていることにもなります。

摂取エネルギーの少なさに、カラダは最初は体重を減らすことで適応していきますが、やがて飢餓への対応として摂取エネルギーが少ないことを前提としてカラダへと変わっていきます。

具体的には代謝を落として消費エネルギーを減らしていくのです。


 

これはダイエットする者にとってはありがたくない状態です。

そこで、カラダを騙してやるのです。

騙すという印象が悪いかもしれませんが、エネルギーや栄養素はたっぷり入ってくるとカラダを安心させてあげるのです。

週に1回(1食)好きなものを食べてみてください。

もちろん焼肉やタンパク質の多い、そして脂質が少ないものであればなお良しです。

それ以外でもOKです。


 

ただし、トータルでの摂取エネルギーが極端に増えないように気をつけることと、あまり夜遅い時間に食事をしないことが重要です。

翌日は一瞬体重が増えることもありますが、翌々日あたりからは、また面白いように体重が減り始めるはずです。

代謝が上がったのです。

ボディビルダーや減量を必要とするアスリートも、チートデイやジャンクフードと呼んで、この方法をよく用います。

ダイエットに体格的に取り組む者としてはかなり勇気のいる方法かもしれませんが、代謝を上げるという大義名分の下、試す価値はあります。

週に1回は好きなものが食べられるので、精神的にも安定します。

サラリーマンやOLの場合、オフィシャルな飲み会などはチートデイと割り切って思いっきり楽しんでしまうのもいいと思います。

メリハリを大事に是非一度試してみてください。

無料体験と無料カウンセリングを行っていますので興味を持っていただいたなら一度足を運んでみてください。

本日もご観覧ありがとうございました。