BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 食物繊維の働きについて

2019/06/04
ロゴ

皆さんこんにちは!


 

今回のブログは、食事で不足がちな食物繊維について説明したいと思います!

皆さん食物繊維の機能や、食物繊維が身体に必要不可欠かご存知でしたか?


 

ヒトの消化酵素では消化できない成分のことで、腸内環境を改善するなど生活習慣病予防が期待されています。


 

腸内細菌に分解され健康機能を発揮します。

食物繊維は「ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総体」と定義されています。以前は「食べ物のカス」として評価されませんでしたが、最近では、腸内細菌による分解・発酵を経て、エネルギー源になったり、短鎖脂肪酸に変化してさまざまな生理作用をもたらしたり、次々と健康機能が明らかにされ、注目されています。水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維に分類され、それそれ生理作用に特徴があります。


 

腸内環境を改善します。

不溶性食物繊維は、腸の働きを刺激して、腸内に発生した有害物質の排出を促す作用があります。便秘を予防したり、腸に関する病気を抑制したりします。

水溶性食物繊維は、コレステロールや糖質の腸内からの吸収を妨げ、血清コレステロールや血糖の上昇を抑える作用があり、脂質異常症や糖尿病の予防効果が期待されています。また、腸内細菌の発酵を受けやすく、乳酸菌などの有益菌を増やして腸内環境を改善します。


 

とり過ぎは下痢や吸収障害を起こします。

食物繊維は、食品からとる限り、過剰症の心配はありません。しかし、サプリメントなどで単一の食物繊維を多量にとると、下痢を起こすことがあります。また、食物繊維のとり過ぎは、鉄やカルシウム、亜鉛などの吸収を妨げ、ミネラル不足に陥る心配があります。


 

不足すると便秘や痔になります。

食物繊維が不足すると、便秘や痔になります。さらに、腸内でつくられた有害物質が長く留まることで腸内環境が悪化し、発がんのリスクが高まります。


 

食事で上手な摂取方法は?

食物繊維が野菜に多いとはいえ、生野菜サラダばかりではかさが多く、量がなかなかとれません。煮物やおひたしなど、火を通したほうがかさが減ってたっぷり食べられます。豆類、海藻、乾物、いも類などにも豊富なので、これらを使った「昔ながらのおそうざい」を食卓に登場させましょう。また、ごはんは押し麦や玄米入りに、パンは全粒パンやライ麦パンにすると効果的にとれます。
 

この様に食物繊維は食事には欠かせません!

お食事でお困りな方、お食事を改善したい方是非一度相談してみませんか?

 

今なら無料カウンセリング実施中です。

お問い合わせお待ちしております。

皆さんこんにちは!

 

今回のブログは、食事で不足がちな食物繊維について説明したいと思います!

皆さん食物繊維の機能や、食物繊維が身体に必要不可欠かご存知でしたか?

 

ヒトの消化酵素では消化できない成分のことで、腸内環境を改善するなど生活習慣病予防が期待されています。
 

腸内細菌に分解され健康機能を発揮します。

食物繊維は「ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総体」と定義されています。以前は「食べ物のカス」として評価されませんでしたが、最近では、腸内細菌による分解・発酵を経て、エネルギー源になったり、短鎖脂肪酸に変化してさまざまな生理作用をもたらしたり、次々と健康機能が明らかにされ、注目されています。水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維に分類され、それそれ生理作用に特徴があります。

 

腸内環境を改善します。

不溶性食物繊維は、腸の働きを刺激して、腸内に発生した有害物質の排出を促す作用があります。便秘を予防したり、腸に関する病気を抑制したりします。

水溶性食物繊維は、コレステロールや糖質の腸内からの吸収を妨げ、血清コレステロールや血糖の上昇を抑える作用があり、脂質異常症や糖尿病の予防効果が期待されています。また、腸内細菌の発酵を受けやすく、乳酸菌などの有益菌を増やして腸内環境を改善します。

 

とり過ぎは下痢や吸収障害を起こします。

食物繊維は、食品からとる限り、過剰症の心配はありません。しかし、サプリメントなどで単一の食物繊維を多量にとると、下痢を起こすことがあります。また、食物繊維のとり過ぎは、鉄やカルシウム、亜鉛などの吸収を妨げ、ミネラル不足に陥る心配があります。
 

不足すると便秘や痔になります。

食物繊維が不足すると、便秘や痔になります。さらに、腸内でつくられた有害物質が長く留まることで腸内環境が悪化し、発がんのリスクが高まります。
 

食事で上手な摂取方法は?

食物繊維が野菜に多いとはいえ、生野菜サラダばかりではかさが多く、量がなかなかとれません。煮物やおひたしなど、火を通したほうがかさが減ってたっぷり食べられます。豆類、海藻、乾物、いも類などにも豊富なので、これらを使った「昔ながらのおそうざい」を食卓に登場させましょう。また、ごはんは押し麦や玄米入りに、パンは全粒パンやライ麦パンにすると効果的にとれます。
 

この様に食物繊維は食事には欠かせません!

お食事でお困りな方、お食事を改善したい方是非一度相談してみませんか?
 

今なら無料カウンセリング実施中です。

お問い合わせお待ちしております。