BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 適切なトレーニング頻度等 part1

2019/06/29
ロゴ

筋トレを毎日頑張っているのになかなか効果が出ないという方、適切な負荷はかけていますか?しっかりと休養はとっていますか?このページでは、筋トレの効果をだすために、必要な休養について、また、トレーニングをするのにおすすめの時間帯について紹介します。

どのくらいの頻度が適切か?

筋トレは、適切な負荷(重量)とともに、行う頻度で効果の出方も変わります。

トレーニングの頻度・そしてサイクルの作り方についてご紹介します。

適切なトレーニング頻度

筋トレの効果を出すための適切なトレーニング頻度として、運動を始めたばかりの初心者は週2~3回、スポーツ経験者は3~4、スポーツ選手で週4~5回が望ましいとされています。

トレーニングと休息を適度にとる

筋肉はトレーニング後、およそ2~3日(48~72時間)で修復され、元の筋肉より少し太い状態になります。このタイミングで次のトレーニングを行うことでより効果的に筋力・筋持久力を増加することにつながります。筋トレは1回きりではなく、定期的に行うことが大切です。


 

修復されないまま次のトレーニングを行ううえに休養も長すぎるため、筋肉を発達させるタイミングを失ってしまう可能性があります。

トレーニングの間に筋肉が回復する時間を設けることで、筋肉中の疲労も取り除くことができ、快適にトレーニングを続けることが期待できます。

休息時間のなかで筋肉は筋トレで破断した筋組織に、材料となるタンパク質を吸収させ新しい筋組織として修復します。

修復されて初めて、さらに強い筋組織となって力を発揮するようになるため、トレーニングの効果を引き出すためには休息が必要です。

これらのサイクルを意識してトレーニングを行うと、徐々に筋力がアップしてきます。

適切な負荷へと調整しながら続けると、筋力アップも期待できます。

適度なトレーニング頻度

適切な休養をとらないまま体に大きな負荷をかけ続けると、疲労が完全に取りきれないまま蓄積されるので、慢性疲労状態となりやすいです。この状態をオーバートレーニングといいます。

オーバートレーニングの状態では筋肉が発達しにくいだけでなく、トレーニングが体への負担となり、かえって疲労を増幅させる可能性もあります。

十分な睡眠や休養、また適切な栄養が摂れていないと筋肉の発達も妨げてしまいます。

疲れているときには無理にトレーニングをしない、やりすぎずに適切な休息をとる、など、ご自身の状態に合わせて調整しましょう。

本日もご観覧ありがとうございました。