BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 便秘の原因、改善策について

2019/07/05
ロゴ

皆さんこんにちは!
 

今回のブログは便秘について説明したいと思います。

便秘でお悩みの方で過去に辛い思いした事はございませんか?
 

今回は便秘がなぜ起きるのか、そして便秘を解消するにどのようにすればいいのか説明したいと思います。

 

多くの女性が抱えている悩みのタネ「便秘」

不規則な生活やストレスなど、ちょっとしたことでも起こります。
 

排便回数よりも排便の困難さが問題です。

便秘とは、便の水分が少なくてかたい状態で、排便に苦痛や困難を伴う場合をいいます。2~3日くらい便が出なくても、無理なく出れば便秘とはいいません。

医学的には「排便が1週間に3回未満の状態」と定義されています。

「一般に便秘と呼ばれるのは慢性便秘のことで、「弛緩性便秘」と「けいれん性便秘」の2つに分類できます。どちらの場合も頭痛や腹痛、腹部膨満感、食欲不振などの症状が現れます。

がんこな便秘の背後には、大腸がんなどの病気が魔れていることもあります。たかが便秘と軽視してはいけません。

 

弛緩性便秘とけいれん性便秘の違いについて。

弛緩性便秘とは、大腸の筋肉の緊張が低下したり、運動不足で排便機能が低下するものです。日本人の3分の2はこのタイプとされています。

一方、けいれん性便秘とは、大腸のある部分がけいれんを起こして収縮し、内容物の通過が障害されて起こります。おもに、腸の神経障害が原因です。

 

不規則な生活や運動不足、ストレスで起こります。

日本人に多い弛緩性便秘は、体質によるものから、神経障害、全身衰弱、運動不足、ストレス、食事の量が少ないこと、食物繊維・水分不足による腸の刺激不足など、さまざまな要因が複雑にからみ合って起こります。朝食を抜いたり、食事時間が不規則になったりしても、腸のリズムが乱れて便秘しやすくなります。

一方、けいれん性便秘の原因としては、ストレスや過労などが考えられます。
 

定期的なトイレタイムで排便リズムを作りましょう。

一般には、1日の生活リズムの中で規則的に便意が起こりますが、不規則な生活を送っていたり、便意があるのにトイレに行かないでがまんしてしまう癖があったりすると、便秘の原因になります。規則的な排便リズムを取り戻すためには、毎朝決まった時間にトイレに行くのを習慣化することです。そのために少しだけ早起きをして、時間的なゆとりを持つことも大切です。

 

改善策として朝ご飯を食べる習慣こそ快便に繋がります。

食事の量が少な過ぎると便の量も減るので、1日3回きちんと食事をとります。野菜、果物、海藻、豆などの食物繊維の多い食品を積極的に摂りましょう。それと、水分も適量とることが必要です。

 

便秘でお困りな方や解消したい方、もう一度私生活を振り返ってみて下さい。

 

本日もご観覧頂き有難う御座いました。