BLOG

横浜みなとみらいパーソナルジム 筋肉の収縮について

2020/01/31
ロゴ

こんにちは!

横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay'sFITのシュウヤです

 

筋肉の収縮様式について

 

今回は筋肉の収縮様式ついてお話させて頂きます。皆さんは筋肉の収縮様式などはご存知でしょうか?今回のブログでより詳しく説明したいと思います。

 

まず筋肉の縮み方には、大きく2つの分類があります。

1つは力が入っているが動きがないタイプで静的収縮と言います。

もう1つは動きがあるタイプで動的収縮と言います。

動的収縮はいわゆる普通の筋肉の動かし方ですが、静的収縮とは力が入っていても動きがない収縮の事を、等尺性筋収縮とも言います。

具体的には空気イスや、腕相撲で止まった状態、ダンベルを手に持ったままの状態を思い出してみましょう。

 

等尺性筋収縮(アイソメトリックコントラクション)とも呼ばれています

その名のとおり、等しい長さのまま収縮している=筋肉の長さが変わらないまま力を発揮している時の状態が、等尺性筋収縮(アイソメトリックコントラクション)で、その時筋肉は筋力の負荷がちょうど釣り合っている状態になっています。

 

等尺性筋収縮のメリットとデメリットを紹介します!

メリット フォームをきれいに保ちやすい

負荷が大きい場合は代償動作が起こりやすいです。

例えば手にダンベルを持ち上げるとき、肘の屈曲で上腕二頭筋を使いますが、重さが大きいと、肘の屈曲と同時に背中を丸めたり、背筋を使って腰を動かす勢いで動作をしたり、さまざまな代償動作が起こりやすいです。

等尺性収縮でのトレーニングは最初にセッティングした位置で力を発揮することになるので、セッティングした位置からあまり崩れることなく運動しやすいです。

 

次にデメリット 血圧の上昇に注意しましょう力を数秒発揮し続けることになるし、力いっぱい押すことにもなるので、その間血圧は上昇します。高血圧症や循環器に何か心配がある人は特に注意が必要です。

 

次に等張性筋収縮(アイソトニックコントラクション)です。

等張性筋収縮(アイソトニックコントラクション)とは、ダンベルやバーベルを上げ下ろしという普通の筋肉の使い方の事を言います。また、等張性筋収縮はさらに2つの種類に分けられます。それは短縮性筋収縮と伸張性筋収縮の2種類です。

 

分かりやすく説明しますと、ダンベルを持ち上げる時が短縮性筋収縮となり、これは重力に逆らって重量を挙げる時に起こります。一方下ろす時が伸張性筋収縮となり、これは重量を重力と同方向に下ろす場合に起こります。

 

筋力トレーニングでは、短縮性筋収縮のみのトレーニングだと筋力に偏りがでてしまうため、伸張性筋収縮も同時に行う方が良いとされています。なぜなら短縮性筋収縮のトレーニングでは、トレーニングした速度に対応する筋力しか伸ばすことが出来ないからです。つまり、ゆっくりトレーニングするとゆっくり動かす筋肉は増強できても、速く動かす筋力をパワーアップすることはできません。

 

一方伸張性筋収縮ではどのような速度でトレーニングしても筋力がパワーアップします。

是非実施する際は力を抜かないで早く下ろすというのは難しいと思いますので、ゆっくりと動かすというイメージでやってみて下さい。

そうする事によって伸張性筋収縮になりやすくなります。

 

本日もご観覧ありがとうございました♪

横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay'sFIT!